FC2ブログ
 
 

無慈悲なくーなな

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手、頂けましたらとても励みになります♡byくーなな⇒ 
*    *    *

Information

□ 感想 □

終わらない不幸についての話

Cheonggyecheon Umbrellas
Cheonggyecheon Umbrellas / travel oriented

どうも!くーななです。
いつもご覧頂きありがとうございます。そして一ヶ月ぶりの更新ですいません。
今年に入って色々状況が落ち着いてきたので、もうちょっとしたらまとまった時間が取れるようになって書ける時間も増えるかなと思います。
遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします

そして最近、正直に告白すると、ある作品のキャラに夢中になっている自分です…!
久遠と七王以上に好きなキャラはこれからも現れないんだろうなー創作したいくらいの気持ちまではいかないんだろうなって思ってましたが、この前ひょんな所で思わぬ沼に片足突っ込んだ感じです(苦笑)
全く予想してなかったとこで一気にはまるとは(;'∀')自分でも驚きです。

しかもまた商業BLで、連載中のいまだ誰も創作してないマイナー一直線のやつです(^-^;
昔からジャンプ中心に、アニメと漫画にはまり、1つだけじゃなくて同時に色んな作品のCPの二次創作をROM専で楽しく見てるのが基本スタイルだったので商業BLCPが本命になってるとか、ほんと自分でもここ数年不思議でたまりません…╭(°A°`)╮??

誤算のハート


で、どのキャラに心奪われたかと言うと、緒川千世先生の描くキャラ、鳥童兄。
PC版の下に上記の応援バナーを貼らせてもらってるんですが(画像クリックで専用頁に飛びます)これがTwitterで回ってきて、気軽にクリックしたことから、思わぬ沼の入り口でした(笑)

緒川千世先生、前々から好きでBLよりはとっかかりは少女漫画でも描かれてる人なんで見知ってました(少女漫画の方では、緒川先生は、高木しげよし名で活動されてます。絵が似ているモリエサトシさんは双子のお姉さんだそうです)
それで、下の誤算のハートとか他作品見て、やっぱイラストもそうだけど話も好みだなぁーと実感^^

誤算のハート

誤算のハート


【 あらすじ 】
「俺と、付き合っちゃう?」 別れ話でもめていた隣のクラスの烏堂と付き合うことになった三城。気まぐれで始めた「恋人ごっこ」のはずなのに、烏堂の隣は居心地よくて……。セックスも彼の手管に翻弄され、快感に震えていることしかできなかった。やさしい愛撫、甘い熱───俺の体はどうしちまったんだ。……ヤバイ、こんなの俺じゃない。雑誌掲載時から大反響!!硬派彼氏×チャラ系男子、男子高生のふしだらな純愛。



緒川先生は、絵が基本1本のシャープな線で構成されていて、すっきりシンプルで綺麗なんですよね。
誤算のハートはそうではなかったですが、時々ヤンデレ路線の話も描かれる時もあって、魅力的なキャラ描かれてて。全体的に私の好みなのです(*'ω'*)
誤算のハートは、私的に鳥童(攻)と三城(受)がとても好みでした~。
緒川先生の女子の描き方も好きです。胸があり相手の要望にすぐ応えてくれるw女、女してるver.と、可愛い純真女子ver.とあって面白いですね、基本皆髪の毛長い気がする、典型的な良いモブキャラですね^^

で、この誤算のハートに出てくる鳥童の鳥童兄が、本編では三城にちょっかい出してくるちょうど良い当て馬というか邪魔者みたいな配置で出てきてまして。
その時は「ふーん」くらいでほんと好みでもないし、全然何とも思わなかったんですが、ドラマCDの頁のキャラクター紹介見て、「え、マジ!?鳥童兄のスピンオフなんかあったんだー。遊び人のイメージしかないけど、受なの攻なの?しかもチャラい言動と裏腹に一途とか書いてあるし、ちょい興味あるぞ。よし!気になるし試しにそのGUSH見てみよう」と、下記を早速購入。


GUSH (ガッシュ) 2015年 1月号 [雑誌]

右が鳥童兄(受)で、左が清竹(攻)です。一見、鳥童兄が攻みたいだけど、受なのです。
それが分かって俄然、「あ、これは好みかも!」と直感しましたw
これで受攻逆だったらそんなにはまらなかったかと。

それで、今回の話は前篇で、しかも2年前の2013年に連載された前後編から話が続いてるみたいなので、
GUSH (ガッシュ) 2013年 02月号 [雑誌]
GUSH (ガッシュ) 2013年 05月号 [雑誌]
も思い切って購入。
コミックスになってくれてたら良かったんですが、まだなんですよね~残念!だから本誌を購入です。
緒川先生のTwitter見たら、今年中にはコミックス出すらしいので首を長ーくしてひたすら待つつもりです。

<※以下、ネタバレ含みますので注意>

男女問わず、セフレ多数のいつもへらへらしててチャラい遊び人のバイ、それが鳥童隆之ー鳥童兄。
だが、実は昔中学の時に自分より背の低い清竹と言う男に恋して、自分が好きなだけに当時彼が付き合いだした彼女を奪ってしまい、仲は決裂。その後悪者になった鳥童兄は想いを告げぬまま別の遠い高校を受けて清竹とは別離。

ーそれから8年。大学生の鳥童兄は、すっかり適当に遊ぶのが板についたチャラ男に。
しかし冷やかしで来たコンパで、何と清竹に再開。
8年ぶりの予期せぬ再開に、封印したはずの想いが疼き、思い余って酔いつぶれている清竹と一方的に身体を重ねてしまうが―…。

みたいな感じの1話で始まります。
何か1話から、結構切ないパートなんですよ。叶わない恋みたいな。
けど、鳥童兄はチャラい外見とは裏腹に忘れられず一途に清竹への想いを8年間も引きずっていて、8年ですよ、8年!!
えー…何て一途なんだ鳥童兄( ;o; )

しかも中身が今まで思っていた好みじゃない外見と全然違ったし。へらへらした、余裕のある癪なイケメンじゃなくて、実はちょい強がり入ったごまかし上手な一途受じゃないですか!??何ですか…この思わぬギャップは。
イイ…!!すごくイイ…!

とツボに入りまくり、気が付けば転がるようにはまっていました\( 'ω' )/(笑)

そう思ったら、もう180㎝ある、チャラ男の鳥童兄が可愛く思えて仕方なくなって、毎日本誌を見ては心がうずうずさせられています>////<
ふざけた口調で自分も周りも誤魔化しながら、自分の傷から目をそらすように、そしてはぐらかすように反動で色んな人と遊びまくるとか、叶わない恋に身をやつして、相手と合意なしに身体重ねちゃうとこは七王とちょっと似てるでしょうか。
鳥童兄は、自分は清竹が好きな小さくて可愛い女の子じゃない、どこからどう見ても男で。清竹はノンケで、とか気にしてるし。清竹は清竹で過去に鳥童兄にされたことがやはりネックで鳥童兄の事当然毛嫌いしてるマイナスからの始まり。

もちろん七王の方が綺麗で美人で受々してて、人一倍七王の方が鳥童兄より繊細ですけどね。
鳥童兄は男としてのプライドも少しはあるような感じですし、受々はしていないと思います、肝心な事は相手に伝える強さもありますし。
攻の清竹も久遠と違って攻々してないですしね。

中学の時の回想がちょくちょく出てくるんですが、鳥童兄は今はパーマかけてるみたいだけど、中学はストレートでまだ当時の方が色気ある受に見えます。外見で言うと、中学の鳥童兄の方が自分は好みかな…( 'ㅂ' )

ただ鳥童兄は、いつもは男相手の時はタチなのに、でも本当に好きな人にだけはネコになるんですよ、ネコに!
ずっとずっと好きだった、中学の時からこうしたかったって、想いが溢れて意識不明の相手に思い余って身体を重ねちゃう。
そして、ほんとそんな感じしないのに、好きな相手にだけは、動揺したりムキになったり、苦しい行き場のない想いが決壊して、終わらせようと本当の気持ちを吐露する時に泣いてしまったりとか、ギャップ満載で、自分の気持ちはいともたやすく奪われちゃいましたね(笑)

自分が好きでも無い遊び相手が本気で来た時の、あしらいは優しさの欠片もないひどい男なのに、鳥童兄可愛い…!!とか頭がまいっちゃってますね!今。
きっとはまりたてですから特に。
相方のさっちゃんも同じように好みに入ってて、話に付き合ってもらってて嬉しいです(感謝!(*´◒`*) )



今、3話目で、たぶん4月発売のGUSHの4話目で一区切りつくんでしょうが、どうなるのか気になって仕方ありません。
今までで次で終わるような展開に見えないですが、どうやってまとめるのかなぁと。
もしかして「終わらない不幸についての話」タイトルの通り、バットエンドで終わったりしないよね…??とか(いや、緒川先生確かハッピーエンド主義って何かのコミックスで書いてたはずだからきっと大丈夫…)心配でやきもきしたりしてます><

緒川先生、「え?それそこでそうなるんですか!?早いですね展開が。それはちょっと予測してなかったです」って時があって、良い意味で予想を裏切ってもくれたりしますので、ハッピーエンドで終わりますように(^-^;

3227670690_ecba201ba2_z.jpg 
Fantastic Suite Bed - W Montreal / TravelingOtter

でもやっぱ一番気になるのは、今までタチだった(両刀ですが)鳥童兄が、一方的に身体を重ねた初回と違い、躊躇いながらも、どうやって攻相手に脚を開くのかどういう風な表情をしてあせぐのか、ああいうキャラが唯一好きな相手にはどうやって乱れるのか、そこばっかり気になります強がりな所があるキャラだけに。
最後でそういうシーンがある事を、すっごい今から期待しています////
コミックスが出た日には狂喜乱舞かもしれない
七王の設定の一部が好みの人にはちょっと見て欲しいかも。。。
他人様から見たらそれほどではないかもしれまんが(好みとは時にそういうものだ…)自分はとにかく鳥童兄が最高にツボで好みでしたー!
3月が待ちきれません!!その前にドラマCDの発売もありますしね

ほんとすいません。゚(●'ω'o)゚。
ただ今心に渦巻いている想いを少しでも昇華してしまいたくて萌えを叫びたくての、今回の記事でしたー!
創作したいくらいの気持ちにはなってるものの、時間の関係上書かないままかとは思います。
もち、引き続き大好きな久遠×七王は書いていくつもりです(´ 。•ω•。)っ⌒♡。.
ではではまたー( ´ u ` )

Colourful Roses
Colourful Roses / lemonfilmblog
| Comments (★) |


関連記事

拍手、頂けましたらとても励みになります♡byくーなな⇒ 
*    *    *

Information



【商業BLコミックランキング】
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。