FC2ブログ
 
 

無慈悲なくーなな

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手、頂けましたらとても励みになります♡byくーなな⇒ 
*    *    *

Information

□ 感想 □

無慈悲なカラダ第5話 感想

61ZQ+I0ORGL.jpg

ボーイズ キャピ! 2014年 05月号 [雑誌]
(2014/03/24)
商品詳細を見る

感想書くのもうほぼ忘れかけてました…乁( ˙ω˙ 乁)
ってことで7月も入ったことですし、最終回後編のキャピの月になりましたので今のうちに前に書いて放置したままだった第5話の感想を書いておこうと思います。

この表紙の熱々ぶりよ…もはやピンクの服着るのが七王の鉄板になってきてるような…w
めい先生って受にお花つけるのほんと好きですよね!

※これより先、たんなる感想のつもりで書きましたが、やっぱり若干ネタバレにはなってるかと思いますので、本誌未読派の方はご注意ください。

2014y07m01d_115023593.jpg
Marriage / Leland Francisco

のっけの中表紙から、幸せいっぱいウェディング模様の2人。
これは結婚!?とうとう結婚フラグか!!??
初っ端から胸が浮き立ちます(ノシ*'ω'*)ノシキャー
結婚するなら、お庭の綺麗なとこで身内だけのこぢんまりとしたガーデニング挙式でも良いし、美しく装われた晴れの日のための会場で盛大に祝うのもイイ…!

久遠七王の結婚式なら、君子様が腕によりをかけてその審美眼で、七王に似合うドレスや着物、衣装の数々を七王のために用意してあげるんだろうな…!

久遠の友人代表スピーチはは、鋭くてしっかりしてる新垣君で。
七王の友人代表スピーチは今回出てきた新キャラの幼馴染、辰巳…!?

辰巳「途中2人にとってとんでもないミステイクを自分はしてしまいましたが、そんな波乱の時でも、2人は苦しみながらも互いの絆を深めるに至り、結果としてこの晴れの日の2人の舞台に繋がる軌跡に、ほんの少しでも貢献できたのではないか…。勝手ながらそんな風に思っています」

とか、もしや言い出すんじゃないよね!?(勝手に想像w)

久遠「………」←少し当時を思い出しておこ。
七王(そういや、そんなこともあったよなー。あの時は人生のどん底、絶望いっぱいだったけど、最終的には相川に深く愛されてることが分かって…、その愛に包まれて…すげー嬉しかったよな…)←当時を思い出して、幸せな感傷に浸る七王。

…もしや、里仲教授も招待されるんでしょうか。ありそうな気がしますよね。
まさかの、大学中の恩師って事で七王からスピーチ頼まれたりして。

里仲「…まぁ、もう過去の事だし君の中ですっかり水に流して昇華されたんだと思えば、僕も頼んでもらえて嬉しいけどね…それにしてもちょっとひどいなぁ…今になって2人の幸せな姿を見せつけられるなんて。僕の失恋して傷ついた心に塩を塗るようなことするとはね…?七王君」

そんな事言いながらも最後は引き受けてくれる教授。
幸せそうな微笑みいっぱいで教授に頼む七王と、その隣で(心配だから七王についてきた)眉間に青筋立てながらいる久遠の図…とか妄想するとちょっと楽しいです^^

乾杯の音頭は、びしっと場を引き締めてくれる君子様が良いですね!

指輪の交換も、ケーキ入刀も、誓いのキスも、お色直しも、キャンドルサービスも!!!もうとにかく全てが見たい!!!
そんな2人の周りで、私はシャボン玉飛ばしたり花びらを巻いたり、ちょこまかとにかく色々したいです
✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。
白羽家の財力を尽くした素晴らしい豪華な式になりそうだし それに料理もきっと美味しいに違いない(←オイ)

今、普段からえろいことばかり考えてる私に慣れているPCちゃんは、「ケーキ入刀」を「ケーキ乳頭」と即変換しました。
即座に、ウェディングドレスやタキシードを着ている七王が胸をはだけて、ケーキの生クリームを乳頭に塗りたくり、そこに久遠が舐めながら噛みつく「ケーキ乳頭」の図が頭の中に舞い降りました。
駄目だ…私の腐った頭。
して欲しいけど、そんな破廉恥な式人前でできるわがけない(苦笑) 
…いや、『夜の結婚式』と称して、2人でその日の夜にやって欲しいなんて、思わないこともないです

2014y07m01d_151941159.jpg 
stacks/liz west

七王を初めて見た場所――、大学図書館で七王を探す久遠。
脚立に座って本を読んでいる七王を図書館で見かけたのが、久遠にとって初めての七王との出会いだった。
七王との出会いの時の、自分の気持ちに改めて向き合う久遠。
今更ながら気づく事は、初めから彼に惹かれてやまなかった事。
七王と付き合うまではずっと否定していて分からなかったが、自分は七王を最初から独占したくてたまらなかった事――
 
久遠は七王との出会いの場所で、そんな気持ちを自覚します。
あんなに毛嫌いしていたのに、…実は深層心理では七王を深く求めていたなんて!!
このくだりには、萌えるものがあります>////< ムキャー
強い拒否は、本当は強く惹かれているが故の反発だったとは…!!
すごく良いです好みですそんな妙なとこで、ツンデレな久遠が大好きです。

めい先生って七王を「綺麗」じゃなくて「奇麗」の漢字使うんだなー(意味は一緒)と、そんな変な所も気になったりとか。
カラダも、「身体」や「」じゃなくて「」を使うんだとか、
「そばに」の「そば」も、「」じゃなくて「」を使うんだ(この場合、かたわら、そば、両方の読みで使用してますね)とか。
そゆとこ文字書きとしては気になりました(ºᆺº*)マジマジ

同じ読みでもどの漢字を選ぶか、使うか、その頻度、またどの場面で使用してるかって、何気に私はその作家さんの個性がとても出てると思うのです。
だからいつも注目して見ています。

後、漢字で使えるところを、あえて「ひらがな」で柔らかい印象にして(又は分かりやすく)使ってる方もいらっしゃいますし、カタカナで使ったりとか、そういう視点で物語を見て行くのも、作家の味わいがあってとても楽しいですね。

久遠がよく七王の事を指して言う「アンタ」の片仮名なんて大好きです!
もち、えちの時の片仮名も!時々台詞の語尾に「ォ」とか他、ちっちゃい片仮名が入るのもいいですね!

そして、何気に友達に恵まれてる久遠。
いつも大体一緒にいる2人の友人。
新垣と和泉君。

敏い新垣君は久遠の態度、今までの状況と空気を読んで何となく久遠の最近の「付き合いの悪さ」の理由を察っするところにサスガー!となりました(๑˘ω˘ )و✧"グッ
反して、ちょっと鈍い和泉君は分からないと言った所が、これまた面白いですね。
理解力のありそうな性格の良い友人に、久遠が七王との交際をカミングアウトする日もそう遠くないと分かったら、微笑ましいし、七王の自信も気持ちもupしそうで嬉しいです。

とにかく久遠が七王のこと、「奇麗」とか「美しい」とか言葉を織り交ぜて、どういう感情を抱いてるか吐露するシーンは大好物でしたモグモグ(๑´ㅂ`๑)

 2014y07m01d_150324805.jpg
PSU Mon Feb 20, 2012 91/Parker Knight

所変わって大学構内のベンチ。
七王が久遠に告白しようとした、その前に告げる場所で待ち合わせすることを約束した場所に、七王は独りでに向かう。
腰を下ろしたベンチで、悶々とする七王。
久遠と別れて、その傷ついた心のままで、これからもずっと生きて行たいと思うなんて――
七王らしいと言うか、そんな健気で切ないとこにキュンときました。
( ;o; ) ナナオー

…て、言うかここらへん、何だか樹なつみ先生著『花咲ける青少年』のユージィン似てました,重なりました。

自分の最も愛する人に関して傷ついた心、その痛み、苦しみ。
傷が疼く度、自分は心から生きていると思える――また、生きている喜びを覚える事ができる、愛する人だけが自分にくれる大切なもの。  
どんなに苦しくても、その甘美な痛みに一生縛り付けられていたい。
ついた傷が、ふさがることなく血を流す度、想いは色褪せることなく愛する人とずっと繋がっていられる。
愛してる…相川…。

こんな台詞は本誌にはないけど、こんな感じのイメージを受けました。
これが自分の幸せなんて…、 と思ってたら

あれ?この真正マゾ気質には覚えがあるっ!!そうだ、これはユージィンだっ!!
2人とも似てる~!
2人とも真正マゾだ!!

(ユージィンの方がはるかに図太いけど)そう思いました^^

七王が世界のどこにいようと、隠れていようと、必ず見つけ出すのが相川久遠。
(何ならもう閉じ込めて下さい)
そんな彼が、傷ついた七王を放っておくわけがない。
七王を見つけ出して、七王の不安と誤解を解消するべく、言葉の限りを尽くして「好き」を伝える久遠は、本当に良い男でしたっ!!
(何かあらずじ含めて語りすぎたので、最後の方はちょっとはしょってみました(笑))


…もうですね!七王は繊細で常に不安と葛藤してるような人だから、久遠はいつも言いすぎるくらい、心と言葉を尽くして事あるごとに「好き」と「愛してる」を言ってあげれば良いと思うんです。
七王みたいなタイプは黙ってたらダメ。無言で抱くだけじゃダメ。抱く時も告白の言葉は必須。
だから、久遠はストレートに磨きをかけて、これからも七王にどんどん本人が引くぐらいに言えば良いと思う。
うん、そのくらいがちょうど良いと思う( *ˆ﹀ˆ* )

こうなったら、次の最終回は、規制の関係でいつもの通り全部は載らないと思うけど、激しくお互いを求める、または甘くとろとろに蕩けるようなせくろすが待っているのみですね…!
❣‹‹\(///'ω'///)/››❣
そうですね!!?そうに違いないですよねっ!!??(鼻息荒く)

そう思ったら今から楽しみです
久遠の愛を一身に受けて、ますます奇麗に美しく可愛く、そしてえろくなっていく七王に乞う期待!!
なのでした~( '-^ )σ☆

今回も応募しましたが、キャピ表紙左下に載っている缶バッジが欲しいです~!!
久遠×七王ver.と、永遠+幸村の豪華版なので特に…(*ΦωΦ)
一縷の望みを持って、今回もささやかに待っております 。


…ところで、ところで、不安が1つ。
無慈悲の久遠×七王編、次回の最終回を迎えたら、終わったりしないよね…!?
展開的にひと段落つきそうなので終わっても不思議じゃないとTwitterでも、フォロワーさんとお話しておりました。
不安はその一つに尽きます。

めい先生のコメントが本誌か、コミックス発売時の後書きにあって
「これで、久遠七王編は終わりとなります。最後まで読んで頂きありがとうございました。2人はまた他CPシリーズで登場しますので、またよろしくお願いします」
…みたいな感じの一言がなく、続いていくことを強く心から願っています~。
…と言うか、そうでありますように><
今月キャピをドキドキしながら待ってます。
 
関連記事

拍手、頂けましたらとても励みになります♡byくーなな⇒ 
*    *    *

Information



【商業BLコミックランキング】
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。